歴代志上 :第9章

1このようにすべてのイスラエルびとは系図によって数えられた。これらはイスラエルの列王紀にしるされている。ユダはその不信のゆえにバビロンに捕囚となった。 2その領地の町々に最初に住んだものはイスラエルびと、祭司、レビびとおよび宮に仕えるしもべたちであった。 3またエルサレムにはユダの子孫、ベニヤミンの子孫およびエフライムとマナセの子孫が住んでいた。 4すなわちユダの子ペレヅの子孫のうちではアミホデの子ウタイ。アミホデはオムリの子、オムリはイムリの子、イムリはバニの子である。 5シロびとのうちでは長子アサヤとそのほかの子たち。 6ゼラの子孫のうちではユエルとその兄弟六百九十人。 7ベニヤミンの子孫のうちではハセヌアの子ホダビヤの子であるメシュラムの子サル、 8エロハムの子イブニヤ、ミクリの子であるウジの子エラおよびイブニヤの子リウエルの子であるシパテヤの子メシュラム、 9ならびに彼らの兄弟たちで、その系図によれば合わせて九百五十六人。これらの人々は皆その氏族の長であった。 10祭司のうちではエダヤ、ヨアリブ、ヤキン、 11およびヒルキヤの子アザリヤ、ヒルキヤはメシュラムの子、メシュラムはザドクの子、ザドクはメラヨテの子、メラヨテはアヒトブの子である。アザリヤは神の宮のつかさである。 12またエロハムの子アダヤ、エロハムはパシュルの子、パシュルはマルキヤの子である。またアデエルの子はマアセヤ、アデエルはヤゼラの子、ヤゼラはメシュラムの子、メシュラムはメシレモテの子、メシレモテはインメルの子である。 13そのほかに彼らの兄弟たちもあった。これらはその氏族の長で、合わせて一千七百六十人、みな神の宮の務をするのに、はなはだ力のある人々であった。 14レビびとのうちではハシュブの子シマヤ、ハシュブはアズリカムの子、アズリカムはハシャビヤの子で、これらはメラリの子孫である。 15またバクバッカル、ヘレシ、ガラル、およびアサフの子ジクリの子であるミカの子マッタニヤ、 16ならびにエドトンの子ガラルの子であるシマヤの子オバデヤおよびエルカナの子であるアサの子ベレキヤ、エルカナはネトパびとの村里に住んだ者である。 17門を守るものはシャルム、アックブ、タルモン、アヒマンおよびその兄弟たちで、シャルムはその長であった。 18彼は今日まで東の方にある王の門を守っている。これらはレビの子孫で営の門を守る者である。 19コラの子エビヤサフの子であるコレの子シャルムおよびその氏族の兄弟たちなどのコラびとは幕屋のもろもろの門を守る務をつかさどった。その先祖たちは主の営をつかさどり、その入口を守る者であった。 20エレアザルの子ピネハスが、むかし彼らのつかさであった。主は彼とともにおられた。 21メシレミヤの子ゼカリヤは会見の幕屋の門を守る者であった。 22これらは皆選ばれて門を守る者で、合わせて二百十二人あった。彼らはその村々で系図によって数えられた者で、ダビデと先見者サムエルが彼らを職に任じたのである。 23こうして彼らとその子孫は監守人として、主の家である幕屋の家の門をつかさどった。 24門を守る者は東西南北の四方にいた。 25またその村々にいる兄弟たちは七日ごとに代り、来て彼らを助けた。 26門を守る者の長である四人のレビびとは神の家のもろもろの室と宝とをつかさどった。 27彼らは神の家を守る身であるから、そのまわりに宿った。そして朝ごとにこれを開くことをした。 28そのうちに務の器をつかさどる者があった。彼らはその数を調べて携え入り、またその数を調べて携え出した。 29またそのほかの品、すべての聖なる器および麦粉、ぶどう酒、油、乳香、香料をつかさどる者があった。 30また祭司のともがらのうちに香料を混ぜる者があった。 31コラびとシャルムの長子でレビびとのひとりであるマタテヤはせんべいを造る勤めをつかさどった。 32またコハテびとの子孫であるその兄弟たちのうちに供えのパンをつかさどって、安息日ごとにこれを整える者どもがあった。 33レビびとの氏族の長であるこれらの者は歌うたう者であって、宮のもろもろの室に住み、ほかの務はしなかった。彼らは日夜自分の務に従ったからである。 34これらはレビびとの歴代の氏族の長であって、かしらたる人々であった。彼らはエルサレムに住んだ。 35ギベオンの父エヒエルはギベオンに住んでいた。その妻の名はマアカといった。 36彼の長子はアブドン、次はツル、キシ、バアル、ネル、ナダブ、 37ゲドル、アヒオ、ゼカリヤ、ミクロテである。 38ミクロテはシメアムを生んだ。彼らもその兄弟たちとともにエルサレムに住んで、その兄弟たちと向かいあっていた。 39ネルはキシを生み、キシはサウルを生み、サウルはヨナタン、マルキシュア、アビナダブ、エシバアルを生んだ。 40ヨナタンの子はメリバアルで、メリバアルはミカを生んだ。 41ミカの子らはピトン、メレク、タレアおよびアハズである。 42アハズはヤラを生み、ヤラはアレメテ、アズマウテおよびジムリを生み、ジムリはモザを生み、 43モザはビネアを生んだ。ビネアの子はレパヤ、その子はエレアサ、その子はアゼルである。 44アゼルに六人の男の子があった。その名はアズリカム、ボケル、イシマエル、シャリヤ、オバデヤ、ハナン。これらはみなアゼルの子らであった。

歴代志上:第8章

1ベニヤミンの生んだ者は長子はベラ、その次はアシベル、第三はアハラ、 2第四はノハ、第五はラパ。 3ベラの子らはアダル、ゲラ、アビウデ、 4アビシュア、ナアマン、アホア、 5ゲラ、シフパム、ヒラム。 6エホデの子らは次のとおりである。(これらはゲバの住民の氏族の長であって、マナハテに捕え移されたものである。) 7すなわちナアマン、アヒヤ、ゲラすなわちヘグラム。ゲラはウザとアヒフデの父であった。 8シャハライムは妻ホシムとバアラを離別してのち、モアブの国で子らをもうけた。 9彼が妻ホデシによってもうけた子らはヨバブ、ヂビア、メシャ、マルカム、 10エウヅ、シャキヤ、ミルマ。これらはその子らであって氏族の長である。 11彼はまたホシムによってアビトブとエルパアルをもうけた。 12エルパアルの子らはエベル、ミシャムおよびセメド。彼はオノとロドとその村々を建てた者である。 13またベリアとシマがあった。(これはアヤロンの住民の氏族の長であって、ガテの住民を追い払ったものである。) 14またアヒオ、シャシャク、エレモテ。 15ゼバデヤ、アラデ、アデル、 16ミカエル、イシパおよびヨハはベリアの子らであった。 17ゼバデヤ、メシュラム、ヘゼキ、ヘベル、 18イシメライ、エズリアおよびヨバブはエルパアルの子らであった。 19ヤキン、ジクリ、ザベデ、 20エリエナイ、チルタイ、エリエル、 21アダヤ、ベラヤおよびシムラテはシマの子らであった。 22イシパン、ヘベル、エリエル、 23アブドン、ジクリ、ハナン、 24ハナニヤ、エラム、アントテヤ、 25イペデヤおよびペヌエルはシャシャクの子らであった。 26シャムセライ、シハリア、アタリヤ、 27ヤレシャ、エリヤおよびジクリはエロハムの子らであった。 28これらは歴代の氏族の長であり、またかしらであって、エルサレムに住んだ。 29ギベオンの父エイエルはギベオンに住み、その妻の名はマアカといった。 30その長子はアブドンで、次はツル、キシ、バアル、ナダブ、 31ゲドル、アヒオ、ザケル、 32およびミクロテ。ミクロテはシメアを生んだ。これらもまた兄弟たちと向かいあってエルサレムに住んだ。 33ネルはキシを生み、キシはサウルを生み、サウルはヨナタン、マルキシュア、アビナダブ、エシバアルを生んだ。 34ヨナタンの子はメリバアルで、メリバアルはミカエルを生んだ。 35ミカの子らはピトン、メレク、タレア、アハズである。 36アハズはエホアダを生み、エホアダはアレメテ、アズマウテ、ジムリを生み、ジムリはモザを生み、 37モザはビネアを生んだ。ビネアの子はラパ、ラパの子はエレアサ、エレアサの子はアゼルである。 38アゼルには六人の子があり、その名はアズリカム、ボケル、イシマエル、シャリヤ、オバデヤ、ハナンで、皆アゼルの子である。 39その兄弟エセクの子らは、長子はウラム、次はエウシ、第三はエリペレテである。 40ウラムの子らは大勇士で、よく弓を射る者であった。彼は多くの子と孫をもち、百五十人もあった。これらは皆ベニヤミンの子孫である。

歴代志上:第7章

1イッサカルの子らはトラ、プワ、ヤシュブ、シムロムの四人。 2トラの子らはウジ、レパヤ、エリエル、ヤマイ、エブサム、サムエル。これは皆トラの子で、その氏族の長である。その子孫の大勇士たる者はダビデの世にはその数二万二千六百人であった。 3ウジの子はイズラヒヤ、イズラヒヤの子らはミカエル、オバデヤ、ヨエル、イシアの五人で、みな長たる者であった。 4その子孫のうちに、その氏族に従えば軍勢の士卒三万六千人あった。これは彼らが妻子を多くもっていたからである。 5イッサカルのすべての氏族のうちの兄弟たちで系図によって数えられた大勇士は合わせて八万七千人あった。 6ベニヤミンの子らはベラ、ベケル、エデアエルの三人。 7ベラの子らはエヅボン、ウジ、ウジエル、エレモテ、イリの五人で、皆その氏族の長である。その系図によって数えられた大勇士は二万二千三十四人あった。 8ベケルの子らはゼミラ、ヨアシ、エリエゼル、エリオエナイ、オムリ、エレモテ、アビヤ、アナトテ、アラメテで皆ベケルの子らである。 9その子孫のうち、その氏族の長として系図によって数えられた大勇士は二万二百人あった。 10エデアエルの子はビルハン。ビルハンの子らはエウシ、ベニヤミン、エホデ、ケナアナ、ゼタン、タルシシ、アヒシャハル。 11皆エデアエルの子らで氏族の長であった。その子孫のうちには、いくさに出てよく戦う大勇士が一万七千二百人あった。 12またイルの子らはシュパムとホパム。アヘルの子はホシムである。 13ナフタリの子らはヤハジエル、グニ、エゼル、シャルムで皆ビルハの産んだ子である。 14マナセの子らはそのそばめであるスリヤの女の産んだアスリエル。彼女はまたギレアデの父マキルを産んだ。 15マキルはホパムとシュパムの妹マアカという者を妻にめとった。二番目の子はゼロペハデという。ゼロペハデには女の子だけがあった。 16マキルの妻マアカは男の子を産んで名をペレシと名づけた。その弟の名はシャレシ。シャレシの子らはウラムとラケムである。 17ウラムの子はベダン。これらはマナセの子マキルの子であるギレアデの子らである。 18その妹ハンモレケテはイシホデ、アビエゼル、マヘラを産んだ。 19セミダの子らはアヒアン、シケム、リキ、アニアムである。 20エフライムの子はシュテラ、その子はベレデ、その子はタハテ、その子はエラダ、その子はタハテ、 21その子はザバデ、その子はシュテラである。エゼルとエレアデはガテの土人らに殺された。これは彼らが下って行ってその家畜を奪おうとしたからである。 22父エフライムが日久しくこのために悲しんだので、その兄弟たちが来て彼を慰めた。 23そののち、エフライムは妻のところにはいった。妻ははらんで男の子を産み、その名をベリアと名づけた。その家に災があったからである。 24エフライムの娘セラは上と下のベテホロンおよびウゼン・セラを建てた。 25ベリアの子はレパ、その子はレセフ、その子はテラ、その子はタハン、 26その子はラダン、その子はアミホデ、その子はエリシャマ、 27その子はヌン、その子はヨシュア。 28エフライムの子孫の領地と住所はベテルとその村々、また東の方ではナアラン、西の方ではゲゼルとその村々、またシケムとその村々、アワとその村々。 29またマナセの子孫の国境に沿って、ベテシャンとその村々、タアナクとその村々、メギドンとその村々、ドルとその村々で、イスラエルの子ヨセフの子孫はこれらの所に住んだ。 30アセルの子らはイムナ、イシワ、エスイ、ベリアおよびその姉妹セラ。 31ベリアの子らはヘベルとマルキエル。マルキエルはビルザヒテの父である。 32ヘベルはヤフレテ、ショメル、ホタムおよびその姉妹シュアを生んだ。 33ヤフレテの子らはパサク、ビムハル、アシワテ。これらはヤレフテの子らである。 34彼の兄弟ショメルの子らはロガ、ホバおよびアラム。 35ショメルの兄弟ヘレムの子らはゾパ、イムナ、シレシ、アマル。 36ゾパの子らはスア、ハルネペル、シュアル、ベリ、イムラ、 37ベゼル、ホド、シャンマ、シルシャ、イテラン、ベエラ。 38エテルの子らはエフンネ、ピスパおよびアラ。 39ウラの子らはアラ、ハニエル、およびリヂア。 40これらは皆アセルの子孫であって、その氏族の長、えりぬきの大勇士、つかさたちのかしらであった。その系図によって数えられた者で、いくさに出てよく戦う者の数は二万六千人であった。

歴代志上:第6章

1レビの子らはゲルション、コハテ、メラリ。 2コハテの子らはアムラム、イヅハル、ヘブロン、ウジエル。 3アムラムの子らはアロン、モーセ、ミリアム。アロンの子らはナダブ、アビウ、エレアザル、イタマル。 4エレアザルはピネハスを生み、ピネハスはアビシュアを生み、 5アビシュアはブッキを生み、ブッキはウジを生み、 6ウジはゼラヒヤを生み、ゼラヒヤはメラヨテを生み、 7メラヨテはアマリヤを生み、アマリヤはアヒトブを生み、 8アヒトブはザドクを生み、ザドクはアヒマアズを生み、 9アヒマアズはアザリヤを生み、アザリヤはヨナハンを生み、 10ヨナハンはアザリヤを生んだ。このアザリヤはソロモンがエルサレムに建てた宮で祭司の務をした者である。 11アザリヤはアマリヤを生み、アマリヤはアヒトブを生み、 12アヒトブはザトクを生み、ザトクはシャルムを生み、 13シャルムはヒルキヤを生み、ヒルキヤはアザリヤを生み、 14アザリヤはセラヤを生み、セラヤはヨザダクを生んだ。 15ヨザダクは主がネブカデネザルの手によってユダとエルサレムの人を捕え移された時に捕えられて行った。 16レビの子らはゲルション、コハテおよびメラリ。 17ゲルションの子らの名はリブニとシメイ。 18コハテの子らはアムラム、イヅハル、ヘブロン、ウジエルである。 19メラリの子らはマヘリとムシ。これらはレビびとのその家筋による氏族である。 20ゲルションの子はリブニ、その子はヤハテ、その子はジンマ、 21その子はヨア、その子はイド、その子はゼラ、その子はヤテライ。 22コハテの子はアミナダブ、その子はコラ、その子はアシル、 23その子はエルカナ、その子はエビアサフ、その子はアシル、 24その子はタハテ、その子はウリエル、その子はウジヤ、その子はシャウル。 25エルカナの子らはアマサイとアヒモテ、 26その子はエルカナ、その子はゾパイ、その子はナハテ、 27その子はエリアブ、その子はエロハム、その子はエルカナ。 28サムエルの子らは、長子はヨエル、次はアビヤ。 29メラリの子はマヘリ、その子はリブニ、その子はシメイ、その子はウザ、 30その子はシメア、その子はハギヤ、その子はアサヤである。 31契約の箱を安置したのち、ダビデが主の宮で歌をうたう事をつかさどらせた人々は次のとおりである。 32彼らは会見の幕屋の前で歌をもって仕えたが、ソロモンがエルサレムに主の宮を建ててからは、一定の秩序に従って務を行った。 33その務をしたもの、およびその子らは次のとおりである。コハテびとの子らのうちヘマンは歌をうたう者、ヘマンはヨエルの子、ヨエルはサムエルの子、 34サムエルはエルカナの子、エルカナはエロハムの子、エロハムはエリエルの子、エリエルはトアの子、 35トアはヅフの子、ヅフはエルカナの子、エルカナはマハテの子、マハテはアマサイの子、 36アマサイはエルカナの子、エルカナはヨエルの子、ヨエルはアザリヤの子、アザリヤはゼパニヤの子、 37ゼパニヤはタハテの子、タハテはアシルの子、アシルはエビアサフの子、エビアサフはコラの子、 38コラはイヅハルの子、イヅハルはコハテの子、コハテはレビの子、レビはイスラエルの子である。 39ヘマンの兄弟アサフはヘマンの右に立った。アサフはベレキヤの子、ベレキヤはシメアの子、 40シメアはミカエルの子、ミカエルはバアセヤの子、バアセヤはマルキヤの子、 41マルキヤはエテニの子、エテニはゼラの子、ゼラはアダヤの子、 42アダヤはエタンの子、エタンはジンマの子、ジンマはシメイの子、 43シメイはヤハテの子、ヤハテはゲルションの子、ゲルションはレビの子である。 44また彼らの兄弟であるメラリの子らが左に立った。そのうちのエタンはキシの子、キシはアブデの子、アブデはマルクの子、 45マルクはハシャビヤの子、ハシャビヤはアマジヤの子、アマジヤはヒルキヤの子、 46ヒルキヤはアムジの子、アムジはバニの子、バニはセメルの子、 47セメルはマヘリの子、マヘリはムシの子、ムシはメラリの子、メラリはレビの子である。 48彼らの兄弟であるレビびとたちは、神の宮の幕屋のもろもろの務に任じられた。 49アロンとその子らは燔祭の壇と香の祭壇の上にささげることをなし、また至聖所のすべてのわざをなし、かつイスラエルのためにあがないをなした。すべて神のしもべモーセの命じたとおりである。 50アロンの子孫は次のとおりである。アロンの子はエレアザル、その子はピネハス、その子はアビシュア、 51その子はブッキ、その子はウジ、その子はゼラヒヤ、 52その子はメラヨテ、その子はアマリヤ、その子はアヒトブ、 53その子はザドク、その子はアヒマアズである。 54アロンの子孫の住む所はその境のうちにある宿営によっていえば次のとおりである。まずコハテびとの氏族がくじによって得たところ、 55すなわち彼らが与えられたところは、ユダの地にあるヘブロンとその周囲の放牧地である。 56ただし、その町の田畑とその村々は、エフンネの子カレブに与えられた。 57そしてアロンの子孫に与えられたものは、のがれの町であるヘブロンおよびリブナとその放牧地、ヤッテルおよびエシテモアとその放牧地、 58ヒレンとその放牧地、デビルとその放牧地、 59アシャンとその放牧地、ベテシメシとその放牧地である。 60またベニヤミンの部族のうちからはゲバとその放牧地、アレメテとその放牧地、アナトテとその放牧地を与えられた。彼らの町は、すべてその氏族のうちに十三あった。 61またコハテの子孫の残りの者は部族の氏族のうちからと、半部族すなわちマナセの半部族のうちからくじによって十の町を与えられた。 62またゲルションの子孫はその氏族によってイッサカルの部族、アセルの部族、ナフタリの部族、およびバシャンのマナセの部族のうちから十三の町が与えられた。 63メラリの子孫はその氏族によってルベンの部族、ガドの部族、およびゼブルンの部族のうちからくじによって十二の町が与えられた。 64このようにイスラエルの人々はレビびとに町々とその放牧地とを与えた。 65すなわちユダの子孫の部族とシメオンの部族の子孫と、ベニヤミンの子孫の部族のうちからここに名をあげたこれらの町をくじによって与えた。 66コハテの子孫の氏族はまたエフライムの部族のうちからも町々を獲てその領地とした。 67すなわち彼らが与えられた、のがれの町はエフライムの山地にあるシケムとその放牧地、ゲゼルとその放牧地、 68ヨクメアムとその放牧地、ベテホロンとその放牧地、 69アヤロンとその放牧地、ガテリンモンとその放牧地である。 70またマナセの半部族のうちからは、アネルとその放牧地およびビレアムとその放牧地を、コハテの子孫の氏族の残りのものに与えた。 71ゲルションの子孫に与えられたものはマナセの半部族のうちからはバシャンのゴランとその放牧地、アシタロテとその放牧地。 72イッサカルの部族のうちからはケデシとその放牧地、ダベラテとその放牧地、 73ラモテとその放牧地、アネムとその放牧地。 74アセルの部族のうちからはマシャルとその放牧地、アブドンとその放牧地、 75ホコクとその放牧地、レホブとその放牧地。 76ナフタリの部族のうちからはガリラヤのケデシとその放牧地、ハンモンとその放牧地、キリアタイムとその放牧地である。 77このほかのもの、すなわちメラリの子孫に与えられたものはゼブルンの部族のうちからリンモンとその放牧地、タボルとその放牧地、 78エリコに近いヨルダンのかなた、すなわちヨルダンの東ではルベンの部族のうちからは荒野のベゼルとその放牧地、ヤザとその放牧地、 79ケデモテとその放牧地、メパアテとその放牧地。 80ガドの部族のうちからはギレアデのラモテとその放牧地、マハナイムとその放牧地、 81ヘシボンとその放牧地、ヤゼルとその放牧地である。

歴代志上:第5章

1イスラエルの長子ルベンの子らは次のとおりである。-ルベンは長子であったが父の床を汚したので、長子の権はイスラエルの子ヨセフの子らに与えられた。それで長子の権による系図にしるされていない。 2またユダは兄弟たちにまさる者となり、その中から君たる者がでたが長子の権はヨセフのものとなったのである。- 3すなわちイスラエルの長子ルベンの子らはハノク、パル、ヘヅロン、カルミ。 4ヨエルの子らはその子はシマヤ、その子はゴグ、その子はシメイ、 5その子はミカ、その子はレアヤ、その子はバアル、 6その子はベエラである。このベエラはアッスリヤの王テルガテ・ピルネセルが捕え移した者である。彼はルベンびとのつかさであった。 7彼の兄弟たちは、その氏族により、その歴代の系図によれば、かしらエイエルおよびゼカリヤ、 8ベラなどである。ベラはアザズの子、シマの孫、ヨエルのひこである。彼はアロエルに住み、ネボおよびバアル・メオンまで及んでいたが、 9ギレアデの地で彼の家畜がふえ増したので、彼は東の方ユフラテ川のこなたの荒野の入口にまで住んだ。 10またサウルの時、彼らはハガルびとと戦って、これを撃ち倒し、ギレアデの東の全部にわたって彼らの天幕に住んだ。 11ガドの子孫はこれと相対してバシャンの地に住み、サルカまで及んでいた。 12そのかしらはヨエル、次はシャパム、ヤアナイ、シャパテで、ともにバシャンに住んだ。 13彼らの兄弟たちは、その氏族によればミカエル、メシュラム、シバ、ヨライ、ヤカン、ジア、エベルの七人である。 14これらはホリの子アビハイルの子らである。ホリはヤロアの子、ヤロアはギレアデの子、ギレアデはミカエルの子、ミカエルはエシサイの子、エシサイはヤドの子、ヤドはブズの子である。 15アヒはアブデルの子、アブデルはグニの子、グニはその氏族の長である。 16彼らはギレアデとバシャンとその村里とシャロンのすべての放牧地に住んで、その四方の境にまで及んでいた。 17これらはみなユダの王ヨタムの世とイスラエルの王ヤラベアムの世に系図にのせられた。 18ルベンびとと、ガドびとと、マナセの半部族には出て戦いうる者四万四千七百六十人あり、皆勇士で、盾とつるぎをとり、弓をひき、戦いに巧みな人々であった。 19彼らはハガルびとおよびエトル、ネフシ、ノダブなどと戦ったが、 20助けを得てこれを攻めたので、ハガルびとおよびこれとともにいた者は皆、彼らの手にわたされた。これは彼らが戦いにあたって神に呼ばわり、神に寄り頼んだので神はその願いを聞かれたからである。 21彼らはその家畜を奪い取ったが、らくだ五万、羊二十五万、ろば二千あり、また人は十万人あった。 22これはその戦いが神によったので、多くの者が殺されて倒れたからである。そして彼らは捕え移される時まで、これに代ってその所に住んだ。 23マナセの半部族の人々はこの地に住み、ふえ広がって、ついにバシャンからバアル・ヘルモン、セニルおよびヘルモン山にまで及んだ。 24その氏族の長たちは次のとおりである。すなわち、エペル、イシ、エリエル、アズリエル、エレミヤ、ホダヤ、ヤデエル。これらは皆その氏族の長で名高い大勇士であった。 25彼らは先祖たちの神にむかって罪を犯し、神が、かつて彼らの前から滅ぼされた国の民の神々を慕って、これと姦淫したので、 26イスラエルの神は、アッスリヤの王プルの心を奮い起し、またアッスリヤの王テルガテ・ピルネセルの心を奮い起されたので、彼はついにルベンびとと、ガドびとと、マナセの半部族を捕えて行き、ハウラとハボルとハラとゴザン川のほとりに移して今日に至っている。

歴代志上:第4章

1ユダの子らはペレヅ、ヘヅロン、カルミ、ホル、ショバルである。 2ショバルの子レアヤはヤハテを生み、ヤハテはアホマイとラハデを生んだ。これらはザレアびとの一族である。 3エタムの子らはエズレル、イシマおよびイデバシ、彼らの姉妹の名はハゼレルポニである。 4ゲドルの父はペヌエル、ホシャの父はエゼルである。これらはベツレヘムの父エフラタの長子ホルの子らである。 5テコアの父アシュルにはふたりの妻ヘラとナアラとがあった。 6ナアラはアシュルによってアホザム、ヘペル、テメニおよびアハシタリを産んだ。これらはナアラの子である。 7ヘラの子らはゼレテ、エゾアル、エテナンである。 8コヅはアヌブとゾベバを生んだ。またハルムの子アハルヘルの氏族も彼から出た。 9ヤベヅはその兄弟のうちで最も尊ばれた者であった。その母が「わたしは苦しんでこの子を産んだから」と言ってその名をヤベヅと名づけたのである。 10ヤベヅはイスラエルの神に呼ばわって言った、「どうか、あなたが豊かにわたしを恵み、わたしの国境を広げ、あなたの手がわたしとともにあって、わたしを災から免れさせ、苦しみをうけさせられないように」。神は彼の求めるところをゆるされた。 11シュワの兄弟ケルブはメヒルを生んだ。メヒルはエシトンの父、 12エシトンはベテラパ、パセアおよびイルナハシの父テヒンナを生んだ。これらはレカの人々である。 13ケナズの子らはオテニエルとセラヤ。オテニエルの子らはハタテとメオノタイ。 14メオノタイはオフラを生み、セラヤはゲハラシムの父ヨアブを生んだ。彼らは工人であったのでゲハラシムと呼ばれたのである。 15エフンネの子カレブの子らはイル、エラおよびナアム。エラの子はケナズ。 16エハレレルの子らはジフ、ジバ、テリア、アサレルである。 17エズラの子らはエテル、メレデ、エペル、ヤロン。次のものはメレデがめとったパロの娘ビテヤの子らである。すなわち彼女はみごもってミリアム、シャンマイおよびイシバを産んだ。イシバはエシテモアの父である。 18彼の妻はユダヤ人で、ゲドルの父エレデとソコの父ヘベルとザノアの父エクテエルを産んだ。 19ナハムの姉妹であるホデヤの妻の子らはガルムびとケイラの父およびマアカびとエシテモアである。 20シモンの子らはアムノン、リンナ、ベネハナン、テロンである。イシの子らはゾヘテとベネゾヘテである。 21ユダの子シラの子らはレカの父エル、マレシャの父ラダおよびベテアシベアの亜麻布織の家の一族、 22ならびにモアブを治めてレヘムに帰ったヨキム、コゼバの人々、ヨアシおよびサラフである。その記録は古い。 23これらの者は陶器を造る人で、ネタイムおよびゲデラに住み、王の用をするため、王とともに、そこに住んだ。 24シメオンの子らはネムエル、ヤミン、ヤリブ、ゼラ、シャウル。 25シャウルの子はシャルム、その子はミブサム、その子はミシマ。 26ミシマの子孫は、その子はハムエル、その子はザックル、その子はシメイ。 27シメイには男の子十六人、女の子六人あったが、その兄弟たちには多くの子はなかった。またその氏族の者はすべてユダの子孫ほどにはふえなかった。 28彼らの住んだ所はベエルシバ、モラダ、ハザル・シュアル、 29ビルハ、エゼム、トラデ、 30ベトエル、ホルマ、チクラグ、 31ベテ・マルカボテ、ハザル・スシム、ベテ・ビリ、およびシャライムである。これらはダビデの世に至るまで彼らの町であった。 32その村里はエタム、アイン、リンモン、トケン、アシャンの五つの町である。 33またこれらの町々の周囲に多くの村があって、バアルまでおよんだ。彼らのすみかは以上のとおりで、彼らはおのおの系図をもっていた。 34メショバブ、ヤムレク、アマジヤの子ヨシャ、 35ヨエル、アシエルのひこ、セラヤの孫、ヨシビアの子エヒウ。 36エリオエナイ、ヤコバ、エショハヤ、アサヤ、アデエル、エシミエル、ベナヤ、 37およびシピの子ジザ。シピはアロンの子、アロンはエダヤの子、エダヤはシムリの子、シムリはシマヤの子である。 38ここに名をあげた者どもはその氏族の長であって、それらの氏族は大いにふえ広がった。 39彼らは群れのために牧場を求めてゲドルの入口に行き、谷の東の方まで進み、 40ついに豊かな良い牧場を見いだした。その地は広く穏やかで、安らかであった。その地の前の住民はハムびとであったからである。 41これらの名をしるした者どもはユダの王ヒゼキヤの世に行って、彼らの天幕と、そこにいたメウニびとを撃ち破り、彼らをことごとく滅ぼして今日に至っている。そこには、群れのための牧場があったので、彼らはそこに住んだ。 42またシメオンびとのうちの五百人はイシの子らペラテヤ、ネアリヤ、レパヤ、ウジエルをかしらとしてセイル山に行き、 43アマレクびとで、のがれて残っていた者を撃ち滅ぼして、今日までそこに住んでいる。

歴代志上:第3章

1ヘブロンで生れたダビデの子らは次のとおりである。長子はアムノンでエズレルびとアヒノアムから生れ、次はダニエルでカルメルびとアビガイルから生れ、 2第三はアブサロムでゲシュルの王タルマイの娘マアカの産んだ子、第四はアドニヤでハギテの産んだ子、 3第五はシパテヤでアビタルから生れ、第六はイテレアムで、彼の妻エグラから生れた。 4この六人はヘブロンで彼に生れた。ダビデがそこで王となっていたのは七年六か月、エルサレムで王となっていたのは三十三年であった。 5エルサレムで生れたものは次のとおりである。すなわちシメア、ショバブ、ナタン、ソロモン。この四人はアンミエルの娘バテシュアから生れた。 6またイブハル、エリシャマ、エリペレテ、 7ノガ、ネペグ、ヤピア、 8エリシャマ、エリアダ、エリペレテの九人、 9これらはみなダビデの子である。このほかに、そばめどもの産んだ子らがあり、タマルは彼らの姉妹であった。 10ソロモンの子はレハベアム、その子はアビヤ、その子はアサ、その子はヨシャパテ、 11その子はヨラム、その子はアハジヤ、その子はヨアシ、 12その子はアマジヤ、その子はアザリヤ、その子はヨタム、 13その子はアハズ、その子はヒゼキヤ、その子はマナセ、 14その子はアモン、その子はヨシヤ、 15ヨシヤの子らは長子ヨハナン、次はエホヤキム、第三はゼデキヤ、第四はシャルムである。 16エホヤキムの子孫はその子はエコニア、その子はゼデキヤである。 17捕虜となったエコニヤの子らはその子シャルテル、 18マルキラム、ペダヤ、セナザル、エカミア、ホシャマ、ネダビヤである。 19ペダヤの子らはゼルバベルとシメイである。ゼルバベルの子らはメシュラムとハナニヤ。シロミテは彼らの姉妹である。 20またハシュバ、オヘル、ベレキヤ、ハサデヤ、ユサブ・ヘセデの五人がある。 21ハナニヤの子らはペラテヤとエシャヤ、その子レパヤ、その子アルナン、その子オバデヤ、その子シカニヤである。 22シカニヤの子らはシマヤ。シマヤの子らはハットシ、イガル、バリア、ネアリヤ、シャパテの六人である。 23ネアリヤの子らはエリオエナイ、ヒゼキヤ、アズリカムの三人である。 24エリオエナイの子らはホダヤ、エリアシブ、ペラヤ、アックブ、ヨハナン、デラヤ、アナニの七人である。

歴代志上:第2章

1イスラエルの子らは次のとおりである。ルベン、シメオン、レビ、ユダ、イッサカル、ゼブルン、 2ダン、ヨセフ、ベニヤミン、ナフタリ、ガド、アセル。 3ユダの子らはエル、オナン、シラである。この三人はカナンの女バテシュアがユダによって産んだ者である。ユダの長子エルは主の前に悪を行ったので、主は彼を殺された。 4ユダの嫁タマルはユダによってペレヅとゼラを産んだ。ユダの子らは合わせて五人である。 5ペレヅの子らはヘヅロンとハムル。 6ゼラの子らはジムリ、エタン、ヘマン、カルコル、ダラで、合わせて五人である。 7カルミの子はアカル。アカルは奉納物について罪を犯し、イスラエルを悩ました者である。 8エタンの子はアザリヤである。 9ヘヅロンに生れた子らはエラメル、ラム、ケルバイである。 10ラムはアミナダブを生み、アミナダブはユダの子孫のつかさナションを生んだ。 11ナションはサルマを生み、サルマはボアズを生み、 12ボアズはオベデを生み、オベデはエッサイを生んだ。 13エッサイは長子エリアブ、次にアビナダブ、第三にシメア、 14第四にネタンエル、第五にラダイ、 15第六にオゼム、第七にダビデを生んだ。 16彼らの姉妹はゼルヤとアビガイルである。ゼルヤの産んだ子はアビシャイ、ヨアブ、アサヘルの三人である。 17アビガイルはアマサを産んだ。アマサの父はイシマエルびとエテルである。 18ヘヅロンの子カレブはその妻アズバおよびエリオテによって子をもうけた。その子らはエシル、ショバブ、アルドンである。 19カレブはアズバが死んだのでエフラタをめとった。エフラタはカレブによってホルを産んだ。 20ホルはウリを生み、ウリはベザレルを生んだ。 21そののちヘヅロンはギレアデの父マキルの娘の所にはいった。彼が彼女をめとったときは六十歳であった。彼女はヘヅロンによってセグブを産んだ。 22セグブはヤイルを生んだ。ヤイルはギレアデの地に二十三の町をもっていた。 23しかしゲシュルとアラムは彼らからハボテ・ヤイルおよびケナテとその村里など合わせて六十の町を取った。これらはみなギレアデの父マキルの子孫であった。 24ヘヅロンが死んだのち、カレブは父ヘヅロンの妻エフラタの所にはいった。彼女は彼にテコアの父アシュルを産んだ。 25ヘヅロンの長子エラメルの子らは長子ラム、次はブナ、オレン、オゼム、アヒヤである。 26エラメルはまたほかの妻をもっていた。名をアタラといって、オナムの母である。 27エラメルの長子ラムの子らはマアツ、ヤミン、エケルである。 28オナムの子らはシャンマイとヤダである。シャンマイの子らはナダブとアビシュルである。 29アビシュルの妻の名はアビハイルといって、アバンとモリデを産んだ。 30ナダブの子らはセレデとアッパイムである。セレデは子をもたずに死んだ。 31アッパイムの子はイシ、イシの子はセシャン、セシャンの子はアヘライである。 32シャンマイの兄弟ヤダの子らはエテルとヨナタンである。エテルは子をもたずに死んだ。 33ヨナタンの子らはペレテとザザである。以上はエラメルの子孫である。 34セシャンには男の子はなく、ただ女の子のみであったが、彼はヤルハと呼ぶエジプトびとの奴隷をもっていたので、 35セシャンは娘を奴隷ヤルハに与えてその妻とさせた。彼女はヤルハによってアッタイを産んだ。 36アッタイはナタンを生み、ナタンはザバデを生み、 37ザバデはエフラルを生み、エフラルはオベデを生み、 38オベデはエヒウを生み、エヒウはアザリヤを生み、 39アザリヤはヘレヅを生み、ヘレヅはエレアサを生み、 40エレアサはシスマイを生み、シスマイはシャルムを生み、 41シャルムはエカミヤを生み、エカミヤはエリシャマを生んだ。 42エラメルの兄弟であるカレブの子らは長子をマレシャといってジフの父である。マレシャの子はヘブロン。 43ヘブロンの子らはコラ、タップア、レケム、シマである。 44シマはラハムを生んだ。ラハムはヨルカムの父である。またレケムはシャンマイを生んだ。 45シャンマイの子はマオン。マオンはベテヅルの父である。 46カレブのそばめエパはハラン、モザ、ガゼズを産んだ。ハランはガゼズを生んだ。 47エダイの子らはレゲム、ヨタム、ゲシャン、ペレテ、エパ、シャフである。 48カレブのそばめマアカはシベルとテルハナを産み、 49またマデマンナの父シャフおよびマクベナとギベアの父シワを産んだ。カレブの娘はアクサである。 50これらはカレブの子孫であった。エフラタの長子ホルの子らはキリアテ・ヤリムの父ショバル、 51ベツレヘムの父サルマおよびベテガデルの父ハレフである。 52キリアテ・ヤリムの父ショバル子らはハロエとメヌコテびとの半ばである。 53キリアテ・ヤリムの氏族はイテルびと、プテびと、シュマびと、ミシラびとであって、これらからザレアびとおよびエシタオルびとが出た。 54サルマの子らはベツレヘム、ネトパびと、アタロテ・ベテ・ヨアブ、マナハテびとの半ばおよびゾリびとである。 55またヤベヅに住んでいた書記の氏族テラテびと、シメアテびと、スカテびとである。これらはケニびとであってレカブの家の先祖ハマテから出た者である。

歴代志上 :第1章

1アダム、セツ、エノス、 2ケナン、マハラレル、ヤレド、 3エノク、メトセラ、ラメク、 4ノア、セム、ハム、ヤペテ。 5ヤペテの子らはゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メセク、テラス。 6ゴメルの子らはアシケナズ、デパテ、トガルマ。 7ヤワンの子らはエリシャ、タルシシ、キッテム、ロダニム。 8ハムの子らはクシ、エジプト、プテ、カナン。 9クシの子らはセバ、ハビラ、サブタ、ラアマ、サブテカ。ラアマの子らはシバとデダン。 10クシはニムロデを生んだ。ニムロデは初めて世の権力ある者となった。 11エジプトはルデびと、アナムびと、レハブびと、ナフトびと、 12パテロスびと、カスルびと、カフトルびとを生んだ。カフトルびとからペリシテびとが出た。 13カナンは長子シドンとヘテを生んだ。 14またエブスびと、アモリびと、ギルガシびと、 15ヒビびと、アルキびと、セニびと、 16アルワデびと、ゼマリびと、ハマテびとを生んだ。 17セムの子らはエラム、アシュル、アルパクサデ、ルデ、アラム、ウズ、ホル、ゲテル、メセクである。 18アルパクサデはシラを生み、シラはエベルを生んだ。 19エベルにふたりの子が生れた。ひとりの名はペレグ-彼の代に地の民が散り分れたからである-その弟の名はヨクタンといった。 20ヨクタンはアルモダデ、シャレフ、ハザル・マウテ、エラ、 21ハドラム、ウザル、デクラ、 22エバル、アビマエル、シバ、 23オフル、ハビラ、ヨバブを生んだ。これらはみなヨクタンの子である。 24セム、アルパクサデ、シラ、 25エベル、ペレグ、リウ、 26セルグ、ナホル、テラ、 27アブラムすなわちアブラハムである。 28アブラハムの子らはイサクとイシマエルである。 29彼らの子孫は次のとおりである。イシマエルの長子はネバヨテ、次はケダル、アデビエル、ミブサム、 30ミシマ、ドマ、マッサ、ハダデ、テマ、 31エトル、ネフシ、ケデマ。これらはイシマエルの子孫である。 32アブラハムのそばめケトラの子孫は次のとおりである。彼女はジムラン、ヨクシャン、メダン、ミデアン、イシバク、シュワを産んだ。ヨクシャンの子らはシバとデダンである。 33ミデアンの子らはエパ、エペル、ヘノク、アビダ、エルダア。これらはみなケトラの子孫である。 34アブラハムはイサクを生んだ。イサクの子らはエサウとイスラエル。 35エサウの子らはエリパズ、リウエル、エウシ、ヤラム、コラ。 36エリパズの子らはテマン、オマル、ゼピ、ガタム、ケナズ、テムナ、アマレク。 37リウエルの子らはナハテ、ゼラ、シャンマ、ミッザ。 38セイルの子らはロタン、ショバル、ヂベオン、アナ、デション、エゼル、デシャン。 39ロタンの子らはホリとホマム。ロタンの妹はテムナ。 40ショバルの子らはアルヤン、マナハテ、エバル、シピ、オナム。ヂベオンの子らはアヤとアナ。 41アナの子はデション。デションの子らはハムラン、エシバン、イテラン、ケラン。 42エゼルの子らはビルハン、ザワン、ヤカン。デシャンの子らはウズとアラン。 43イスラエルの人々を治める王がまだなかった時、エドムの地を治めた王たちは次のとおりである。ベオルの子ベラ。その都の名はデナバといった。 44ベラが死んで、ボズラのゼラの子ヨバブが代って王となった。 45ヨバブが死んで、テマンびとの地のホシャムが代って王となった。 46ホシャムが死んで、ベダテの子ハダデが代って王となった。彼はモアブの野でミデアンを撃った。彼の都の名はアビテといった。 47ハダデが死んで、マスレカのサムラが代って王となった。 48サムラが死んで、ユフラテ川のほとりのレホボテのサウルが代って王となった。 49サウルが死んで、アクボルの子バアル・ハナンが代って王となった。 50バアル・ハナンが死んで、ハダデが代って王となった。彼の都の名はパイといった。彼の妻はマテレデの娘であって、名をメヘタベルといった。マテレデはメザハブの娘である。 51ハダデも死んだ。エドムの族長は、テムナ侯、アルヤ侯、エテテ侯、 52アホリバマ侯、エラ侯、ピノン侯、 53ケナズ侯、テマン侯、ミブザル侯、 54マグデエル侯、イラム侯。これらはエドムの族長である。