詩篇:第10篇

1主よ、なにゆえ遠く離れて立たれるのですか。なにゆえ悩みの時に身を隠されるのですか。 2悪しき者は高ぶって貧しい者を激しく責めます。どうぞ彼らがその企てたはかりごとにみずから捕えられますように。 3悪しき者は自分の心の願いを誇り、むさぼる者は主をのろい、かつ捨てる。 4悪しき者は誇り顔をして、神を求めない。その思いに、すべて「神はない」という。 5彼の道は常に栄え、あなたのさばきは彼を離れて高く、彼はそのすべてのあだを口先で吹く。 6彼は心の内に言う、「わたしは動かされることはなく、世々わざわいにあうことがない」と。 7その口はのろいと、欺きと、しえたげとに満ち、その舌の下には害毒と不正とがある。 8彼は村里の隠れ場におり、忍びやかな所で罪のない者を殺す。その目は寄るべなき者をうかがい、 9隠れ場にひそむししのように、ひそかに待ち伏せする。彼は貧しい者を捕えようと待ち伏せし、貧しい者を網にひきいれて捕える。 10寄るべなき者は彼の力によって打ちくじかれ、衰え、倒れる。 11彼は心のうちに言う、「神は忘れた、神はその顔を隠した、神は絶えて見ることはなかろう」と。 12主よ、立ちあがってください。神よ、み手をあげてください。苦しむ者を忘れないでください。 13なにゆえ、悪しき者は神を侮り、心のうちに「あなたはとがめることをしない」と言うのですか。 14あなたはみそなわし、悩みと苦しみとを見て、それをみ手に取られます。寄るべなき者はあなたに身をゆだねるのです。あなたはいつもみなしごを助けられました。 15悪しき者と悪を行う者の腕を折り、その悪を一つも残さないまでに探り出してください。 16主はとこしえに王でいらせられる。もろもろの国民は滅びて主の国から跡を断つでしょう。 17主よ、あなたは柔和な者の願いを聞き、その心を強くし、耳を傾けて、 18みなしごと、しえたげられる者とのためにさばきを行われます。地に属する人は再び人を脅かすことはないでしょう。

詩篇:第9篇

1わたしは心をつくして主に感謝し、あなたのくすしきみわざをことごとく宣べ伝えます。 2いと高き者よ、あなたによってわたしは喜びかつ楽しみ、あなたの名をほめ歌います。 3わたしの敵は退くとき、つまずき倒れてあなたの前に滅びました。 4あなたがわたしの正しい訴えを助け守られたからです。あなたはみくらに座して、正しいさばきをされました。 5あなたはもろもろの国民を責め、悪しき者を滅ぼし、永久に彼らの名を消し去られました。 6敵は絶えはてて、とこしえに滅び、あなたが滅ぼされたもろもろの町はその記憶さえ消えうせました。 7しかし主はとこしえに、み位に座し、さばきのために、みくらを設けられました。 8主は正義をもって世界をさばき、公平をもってもろもろの民をさばかれます。 9主はしえたげられる者のとりで、なやみの時のとりでです。 10み名を知る者はあなたに寄り頼みます。主よ、あなたを尋ね求める者をあなたは捨てられたことがないからです。 11シオンに住まわれる主にむかってほめうたい、そのみわざをもろもろの民のなかに宣べ伝えよ。 12血を流す者にあだを報いられる主は彼らを心にとめ、苦しむ者の叫びをお忘れにならないからです。 13主よ、わたしをあわれんでください。死の門からわたしを引きあげられる主よ、あだする者のわたしを悩ますのをみそなわしてください。 14そうすれば、わたしはあなたのすべての誉を述べ、シオンの娘の門で、あなたの救を喜ぶことができましょう。 15もろもろの国民は自分の作った穴に陥り、隠し設けた網に自分の足を捕えられる。 16主はみずからを知らせ、さばきを行われた。悪しき者は自分の手で作ったわなに捕えられる。[ヒガヨン、セラ 17悪しき者、また神を忘れるもろもろの国民は陰府へ去って行く。 18貧しい者は常に忘れられるのではない。苦しむ者の望みはとこしえに滅びるのではない。 19主よ、立ちあがってください。人に勝利を得させず、もろもろの国民に、み前でさばきを受けさせてください。 20主よ、彼らに恐れを起させ、もろもろの国民に自分がただ、人であることを知らせてください。[セラ

詩篇:第8篇

1主、われらの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。あなたの栄光は天の上にあり、 2みどりごと、ちのみごとの口によって、ほめたたえられています。あなたは敵と恨みを晴らす者とを静めるため、あだに備えて、とりでを設けられました。 3わたしは、あなたの指のわざなる天を見、あなたが設けられた月と星とを見て思います。 4人は何者なので、これをみ心にとめられるのですか、人の子は何者なので、これを顧みられるのですか。 5ただ少しく人を神よりも低く造って、栄えと誉とをこうむらせ、 6これにみ手のわざを治めさせ、よろずの物をその足の下におかれました。 7すべての羊と牛、また野の獣、 8空の鳥と海の魚、海路を通うものまでも。 9主、われらの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。

詩篇:第7篇

1わが神、主よ、わたしはあなたに寄り頼みます。どうかすべての追い迫る者からわたしを救い、わたしをお助けください。 2さもないと彼らは、ししのように、わたしをかき裂き、助ける者の来ないうちに、引いて行くでしょう。 3わが神、主よ、もしわたしがこの事を行ったならば、もしわたしの手によこしまな事があるならば、 4もしわたしの友に悪をもって報いたことがあり、ゆえなく、敵のものを略奪したことがあるならば、 5敵にわたしを追い捕えさせ、わたしの命を地に踏みにじらせ、わたしの魂をちりにゆだねさせてください。[セラ 6主よ、怒りをもって立ち、わたしの敵の憤りにむかって立ちあがり、わたしのために目をさましてください。あなたはさばきを命じられました。 7もろもろの民をあなたのまわりにつどわせ、その上なる高みくらにおすわりください。 8主はもろもろの民をさばかれます。主よ、わたしの義と、わたしにある誠実とに従って、わたしをさばいてください。 9どうか悪しき者の悪を断ち、正しき者を堅く立たせてください。義なる神よ、あなたは人の心と思いとを調べられます。 10わたしを守る盾は神である。神は心の直き者を救われる。 11神は義なるさばきびと、日ごとに憤りを起される神である。 12もし人が悔い改めないならば、神はそのつるぎをとぎ、その弓を張って構え、 13また死に至らせる武器を備え、その矢を火矢とされる。 14見よ、悪しき者は邪悪をはらみ、害毒をやどし、偽りを生む。 15彼は穴を掘って、それを深くし、みずから作った穴に陥る。 16その害毒は自分のかしらに帰り、その強暴は自分のこうべに下る。 17わたしは主にむかって、その義にふさわしい感謝をささげ、いと高き者なる主の名をほめ歌うであろう。

詩篇:第6篇

1主よ、あなたの怒りをもって、わたしを責めず、あなたの激しい怒りをもって、わたしを懲らしめないでください。 2主よ、わたしをあわれんでください。わたしは弱り衰えています。主よ、わたしをいやしてください。わたしの骨は悩み苦しんでいます。 3わたしの魂もまたいたく悩み苦しんでいます。主よ、あなたはいつまでお怒りになるのですか。 4主よ、かえりみて、わたしの命をお救いください。あなたのいつくしみにより、わたしをお助けください。 5死においては、あなたを覚えるものはなく、陰府においては、だれがあなたをほめたたえることができましょうか。 6わたしは嘆きによって疲れ、夜ごとに涙をもって、わたしのふしどをただよわせ、わたしのしとねをぬらした。 7わたしの目は憂いによって衰え、もろもろのあだのゆえに弱くなった。 8すべて悪を行う者よ、わたしを離れ去れ。主はわたしの泣く声を聞かれた。 9主はわたしの願いを聞かれた。主はわたしの祈をうけられる。 10わたしの敵は恥じて、いたく悩み苦しみ、彼らは退いて、たちどころに恥をうけるであろう。

詩篇:第5篇

1主よ、わたしの言葉に耳を傾け、わたしの嘆きに、み心をとめてください。 2わが王、わが神よ、わたしの叫びの声をお聞きください。わたしはあなたに祈っています。 3主よ、朝ごとにあなたはわたしの声を聞かれます。わたしは朝ごとにあなたのためにいけにえを備えて待ち望みます。 4あなたは悪しき事を喜ばれる神ではない。悪人はあなたのもとに身を寄せることはできない。 5高ぶる者はあなたの目の前に立つことはできない。あなたはすべて悪を行う者を憎まれる。 6あなたは偽りを言う者を滅ぼされる。主は血を流す者と、人をだます者を忌みきらわれる。 7しかし、わたしはあなたの豊かないつくしみによって、あなたの家に入り、聖なる宮にむかって、かしこみ伏し拝みます。 8主よ、わたしのあだのゆえに、あなたの義をもってわたしを導き、わたしの前にあなたの道をまっすぐにしてください。 9彼らの口には真実がなく、彼らの心には滅びがあり、そののどは開いた墓、その舌はへつらいを言うのです。 10神よ、どうか彼らにその罪を負わせ、そのはかりごとによって、みずから倒れさせ、その多くのとがのゆえに彼らを追いだしてください。彼らはあなたにそむいたからです。 11しかし、すべてあなたに寄り頼む者を喜ばせ、とこしえに喜び呼ばわらせてください。また、み名を愛する者があなたによって喜びを得るように、彼らをお守りください。 12主よ、あなたは正しい者を祝福し、盾をもってするように、恵みをもってこれをおおい守られます。

詩篇:第4篇

1わたしの義を助け守られる神よ、わたしが呼ばわる時、お答えください。あなたはわたしが悩んでいた時、わたしをくつろがせてくださいました。わたしをあわれみ、わたしの祈をお聞きください。 2人の子らよ、いつまでわたしの誉をはずかしめるのか。いつまでむなしい言葉を愛し、偽りを慕い求めるのか。[セラ 3しかしあなたがたは知るがよい、主は神を敬う人をご自分のために聖別されたことを。主はわたしが呼ばわる時におききくださる。 4あなたがたは怒っても、罪を犯してはならない。床の上で静かに自分の心に語りなさい。[セラ 5義のいけにえをささげて主に寄り頼みなさい。 6多くの人は言う、「どうか、わたしたちに良い事が見られるように。主よ、どうか、み顔の光をわたしたちの上に照されるように」と。 7あなたがわたしの心にお与えになった喜びは、穀物と、ぶどう酒の豊かな時の喜びにまさるものでした。 8わたしは安らかに伏し、また眠ります。主よ、わたしを安らかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。

詩篇:第3篇

1主よ、わたしに敵する者のいかに多いことでしょう。わたしに逆らって立つ者が多く、 2「彼には神の助けがない」と、わたしについて言う者が多いのです。[セラ 3しかし主よ、あなたはわたしを囲む盾、わが栄え、わたしの頭を、もたげてくださるかたです。 4わたしが声をあげて主を呼ばわると、主は聖なる山からわたしに答えられる。[セラ 5わたしはふして眠り、また目をさます。主がわたしをささえられるからだ。 6わたしを囲んで立ち構えるちよろずの民をもわたしは恐れない。 7主よ、お立ちください。わが神よ、わたしをお救いください。あなたはわたしのすべての敵のほおを打ち、悪しき者の歯を折られるのです。 8救は主のものです。どうかあなたの祝福があなたの民の上にありますように。[セラ

詩篇:第2篇

1なにゆえ、もろもろの国びとは騒ぎたち、もろもろの民はむなしい事をたくらむのか。 2地のもろもろの王は立ち構え、もろもろのつかさはともに、はかり、主とその油そそがれた者とに逆らって言う、 3「われらは彼らのかせをこわし、彼らのきずなを解き捨てるであろう」と。 4天に座する者は笑い、主は彼らをあざけられるであろう。 5そして主は憤りをもって彼らに語り、激しい怒りをもって彼らを恐れ惑わせて言われる、 6「わたしはわが王を聖なる山シオンに立てた」と。 7わたしは主の詔をのべよう。主はわたしに言われた、「おまえはわたしの子だ。きょう、わたしはおまえを生んだ。 8わたしに求めよ、わたしはもろもろの国を嗣業としておまえに与え、地のはてまでもおまえの所有として与える。 9おまえは鉄のつえをもって彼らを打ち破り、陶工の作る器物のように彼らを打ち砕くであろう」と。 10それゆえ、もろもろの王よ、賢くあれ、地のつかさらよ、戒めをうけよ。 11恐れをもって主に仕え、おののきをもって 12その足に口づけせよ。さもないと主は怒って、あなたがたを道で滅ぼされるであろう、その憤りがすみやかに燃えるからである。すべて主に寄り頼む者はさいわいである。

詩篇:第1篇

1悪しき者のはかりごとに歩まず、罪びとの道に立たず、あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。 2このような人は主のおきてをよろこび、昼も夜もそのおきてを思う。 3このような人は流れのほとりに植えられた木の時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。 4悪しき者はそうでない、風の吹き去るもみがらのようだ。 5それゆえ、悪しき者はさばきに耐えない。罪びとは正しい者のつどいに立つことができない。 6主は正しい者の道を知られる。しかし、悪しき者の道は滅びる。