詩篇:第140篇

1主よ、悪しき人々からわたしを助け出し、わたしを守って、乱暴な人々からのがれさせてください。 2彼らは心のうちに悪い事をはかり、絶えず戦いを起します。 3彼らはへびのようにおのが舌を鋭くし、そのくちびるの下にはまむしの毒があります。[セラ 4主よ、わたしを保って、悪しき人の手からのがれさせ、わたしを守って、わが足をつまずかせようとする乱暴な人々からのがれさせてください。 5高ぶる者はわたしのためにわなを伏せ、綱をもって網を張り、道のほとりにわなを設けました。[セラ 6わたしは主に言います、「あなたはわが神です。主よ、わが願いの声に耳を傾けてください。 7わが救の力、主なる神よ、あなたは戦いの日に、わがこうべをおおわれました。 8主よ、悪しき人の願いをゆるさないでください。その悪しき計画をとげさせないでください。[セラ 9わたしを囲む者がそのこうべをあげるとき、そのくちびるの害悪で彼らをおおってください。 10燃える炭を彼らの上に落してください。彼らを穴に投げ入れ、再び上がることのできないようにしてください。 11悪口を言う者を世に立たせないでください。乱暴な人をすみやかに災に追い捕えさせてください」。 12わたしは主が苦しむ者の訴えをたすけ、貧しい者のために正しいさばきを行われることを知っています。 13正しい人は必ずみ名に感謝し、直き人はみ前に住むでしょう。

詩篇:第139篇

1主よ、あなたはわたしを探り、わたしを知りつくされました。 2あなたはわがすわるをも、立つをも知り、遠くからわが思いをわきまえられます。 3あなたはわが歩むをも、伏すをも探り出し、わがもろもろの道をことごとく知っておられます。 4わたしの舌に一言もないのに、主よ、あなたはことごとくそれを知られます。 5あなたは後から、前からわたしを囲み、わたしの上にみ手をおかれます。 6このような知識はあまりに不思議で、わたしには思いも及びません。これは高くて達することはできません。 7わたしはどこへ行って、あなたのみたまを離れましょうか。わたしはどこへ行って、あなたのみ前をのがれましょうか。 8わたしが天にのぼっても、あなたはそこにおられます。わたしが陰府に床を設けても、あなたはそこにおられます。 9わたしがあけぼのの翼をかって海のはてに住んでも、 10あなたのみ手はその所でわたしを導き、あなたの右のみ手はわたしをささえられます。 11「やみはわたしをおおい、わたしを囲む光は夜となれ」とわたしが言っても、 12あなたには、やみも暗くはなく、夜も昼のように輝きます。あなたには、やみも光も異なることはありません。 13あなたはわが内臓をつくり、わが母の胎内でわたしを組み立てられました。 14わたしはあなたをほめたたえます。あなたは恐るべく、くすしき方だからです。あなたのみわざはくすしく、あなたは最もよくわたしを知っておられます。 15わたしが隠れた所で造られ、地の深い所でつづり合わされたとき、わたしの骨はあなたに隠れることがなかった。 16あなたの目は、まだできあがらないわたしのからだを見られた。わたしのためにつくられたわがよわいの日のまだ一日もなかったとき、その日はことごとくあなたの書にしるされた。 17神よ、あなたのもろもろのみ思いは、なんとわたしに尊いことでしょう。その全体はなんと広大なことでしょう。 18わたしがこれを数えようとすれば、その数は砂よりも多い。わたしが目ざめるとき、わたしはなおあなたと共にいます。 19神よ、どうか悪しき者を殺してください。血を流す者をわたしから離れ去らせてください。 20彼らは敵意をもってあなたをあなどり、あなたに逆らって高ぶり、悪を行う人々です。 21主よ、わたしはあなたを憎む者を憎み、あなたに逆らって起り立つ者をいとうではありませんか。 22わたしは全く彼らを憎み、彼らをわたしの敵と思います。 23神よ、どうか、わたしを探って、わが心を知り、わたしを試みて、わがもろもろの思いを知ってください。 24わたしに悪しき道のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。

詩篇:第138篇

1主よ、わたしは心をつくしてあなたに感謝し、もろもろの神の前であなたをほめ歌います。 2わたしはあなたの聖なる宮にむかって伏し拝み、あなたのいつくしみと、まこととのゆえに、み名に感謝します。あなたはそのみ名と、み言葉をすべてのものにまさって高くされたからです。 3あなたはわたしが呼ばわった日にわたしに答え、わが魂の力を増し加えられました。 4主よ、地のすべての王はあなたに感謝するでしょう。彼らはあなたの口のもろもろの言葉を聞いたからです。 5彼らは主のもろもろの道について歌うでしょう。主の栄光は大きいからです。 6主は高くいらせられるが低い者をかえりみられる。しかし高ぶる者を遠くから知られる。 7たといわたしが悩みのなかを歩いても、あなたはわたしを生かし、み手を伸ばしてわが敵の怒りを防ぎ、あなたの右の手はわたしを救われます。 8主はわたしのために、みこころをなしとげられる。主よ、あなたのいつくしみはとこしえに絶えることはありません。あなたのみ手のわざを捨てないでください。

詩篇:第137篇

1われらはバビロンの川のほとりにすわり、シオンを思い出して涙を流した。 2われらはその中のやなぎにわれらの琴をかけた。 3われらをとりこにした者が、われらに歌を求めたからである。われらを苦しめる者が楽しみにしようと、「われらにシオンの歌を一つうたえ」と言った。 4われらは外国にあって、どうして主の歌をうたえようか。 5エルサレムよ、もしわたしがあなたを忘れるならば、わが右の手を衰えさせてください。 6もしわたしがあなたを思い出さないならば、もしわたしがエルサレムをわが最高の喜びとしないならば、わが舌をあごにつかせてください。 7主よ、エドムの人々がエルサレムの日に、「これを破壊せよ、これを破壊せよ、その基までも破壊せよ」と言ったことを覚えてください。 8破壊者であるバビロンの娘よ、あなたがわれらにしたことを、あなたに仕返しする人はさいわいである。 9あなたのみどりごを取って岩になげうつ者はさいわいである。

詩篇:第136篇

1主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 2もろもろの神の神に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 3もろもろの主の主に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 4ただひとり大いなるくすしきみわざをなされる者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 5知恵をもって天を造られた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 6地を水の上に敷かれた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 7大いなる光を造られた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 8昼をつかさどらすために日を造られた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 9夜をつかさどらすために月と、もろもろの星とを造られた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 10エジプトのういごを撃たれた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 11イスラエルをエジプトびとの中から導き出された者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 12強い手と伸ばした腕とをもって、これを救い出された者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 13紅海を二つに分けられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 14イスラエルにその中を通らせられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 15パロとその軍勢とを紅海で打ち敗られた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 16その民を導いて荒野を通らせられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 17大いなる王たちを撃たれた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 18名ある王たちを殺された者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 19アモリびとの王シホンを殺された者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 20バシャンの王オグを殺された者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 21彼らの地を嗣業として与えられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 22そのしもべイスラエルに嗣業としてこれを与えられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 23われらが卑しかった時にわれらをみこころにとめられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 24われらのあだからわれらを助け出された者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 25すべての肉なる者に食物を与えられる者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 26天の神に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。

詩篇:第135篇

1主をほめたたえよ、主のみ名をほめたたえよ。主のしもべたちよ、ほめたたえよ。 2主の家に立つ者、われらの神の家の大庭に立つ者よ、ほめたたえよ。 3主は恵みふかい、主をほめたたえよ。主は情ぶかい、そのみ名をほめ歌え。 4主はおのがためにヤコブを選び、イスラエルを選んで、おのれの所有とされた。 5わたしは主の大いなることと、われらの主のすべての神にまさることとを知っている。 6主はそのみこころにかなう事を、天にも地にも、海にもすべての淵にも行われる。 7主は地のはてから雲をのぼらせ、雨のためにいなずまを造り、その倉から風を出される。 8主は人から獣にいたるまで、エジプトのういごを撃たれた。 9エジプトよ、主はおまえの中に、しるしと不思議とを送って、パロとそのすべてのしもべとに臨まれた。 10主は多くの国民を撃ち、力ある王たちを殺された。 11すなわちアモリびとの王シホン、バシャンの王オグ、ならびにカナンのすべての国々である。 12主は彼らの地を嗣業とし、その民イスラエルに嗣業として与えられた。 13主よ、あなたのみ名はとこしえに絶えることがない。主よ、あなたの名声はよろずよに及ぶ。 14主はその民をさばき、そのしもべらにあわれみをかけられるからである。 15もろもろの国民の偶像はしろがねと、こがねで、人の手のわざである。 16それは口があっても語ることができない。目があっても見ることができない。 17耳があっても聞くことができない。またその口には息がない。 18これを造る者と、これに信頼する者とはみな、これと等しい者になる。 19イスラエルの家よ、主をほめよ。アロンの家よ、主をほめよ。 20レビの家よ、主をほめよ。主を恐れる者よ、主をほめまつれ。 21エルサレムに住まわれる主は、シオンからほめたたえらるべきである。主をほめたたえよ。

詩篇:第134篇

1見よ、夜、主の家に立って主に仕えるすべてのしもべよ、主をほめよ。 2聖所にむかってあなたがたの手をあげ、主をほめよ。 3どうぞ主、天と地を造られた者、シオンからあなたを祝福されるように。

詩篇:第133篇

1見よ、兄弟が和合して共におるのはいかに麗しく楽しいことであろう。 2それはこうべに注がれた尊い油がひげに流れ、アロンのひげに流れ、その衣のえりにまで流れくだるようだ。 3またヘルモンの露がシオンの山に下るようだ。これは主がかしこに祝福を命じ、とこしえに命を与えられたからである。

詩篇:第132篇

1主よ、ダビデのために、そのもろもろの辛苦をみこころにとめてください。 2ダビデは主に誓い、ヤコブの全能者に誓いを立てて言いました、 3 4 5「わたしは主のために所を捜し出し、ヤコブの全能者のためにすまいを求め得るまでは、わが家に入らず、わが寝台に上らず、わが目に眠りを与えず、わがまぶたにまどろみを与えません」。 6見よ、われらはエフラタでそれを聞き、ヤアルの野でそれを見とめた。 7「われらはそのすまいへ行って、その足台のもとにひれ伏そう」。 8主よ、起きて、あなたの力のはこと共に、あなたの安息所におはいりください。 9あなたの祭司たちに義をまとわせ、あなたの聖徒たちに喜び呼ばわらせてください。 10あなたのしもべダビデのために、あなたの油そそがれた者の顔を、しりぞけないでください。 11主はまことをもってダビデに誓われたので、それにそむくことはない。すなわち言われた、「わたしはあなたの身から出た子のひとりを、あなたの位につかせる。 12もしあなたの子らがわたしの教える契約と、あかしとを守るならば、その子らもまた、とこしえにあなたの位に座するであろう」。 13主はシオンを選び、それをご自分のすみかにしようと望んで言われた、 14「これはとこしえにわが安息所である。わたしはこれを望んだゆえ、ここに住む。 15わたしはシオンの糧食を豊かに祝福し、食物をもってその貧しい者を飽かせる。 16またわたしはその祭司たちに救を着せる。その聖徒たちは声高らかに喜び呼ばわるであろう。 17わたしはダビデのためにそこに一つの角をはえさせる。わたしはわが油そそがれた者のために一つのともしびを備えた。 18わたしは彼の敵に恥を着せる。しかし彼の上にはその冠が輝くであろう」。

詩篇:第131篇

1主よ、わが心はおごらず、わが目は高ぶらず、わたしはわが力の及ばない大いなる事とくすしきわざとに関係いたしません。 2かえって、乳離れしたみどりごが、その母のふところに安らかにあるように、わたしはわが魂を静め、かつ安らかにしました。わが魂は乳離れしたみどりごのように、安らかです。 3イスラエルよ、今からとこしえに主によって望みをいだけ。