詩篇:第24篇

1地と、それに満ちるもの、世界と、そのなかに住む者とは主のものである。 2主はその基を大海のうえにすえ、大川のうえに定められた。 3主の山に登るべき者はだれか。その聖所に立つべき者はだれか。 4手が清く、心のいさぎよい者、その魂がむなしい事に望みをかけない者、偽って誓わない者こそ、その人である。 5このような人は主から祝福をうけ、その救の神から義をうける。 6これこそ主を慕う者のやから、ヤコブの神の、み顔を求める者のやからである。[セラ 7門よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。栄光の王がはいられる。 8栄光の王とはだれか。強く勇ましい主、戦いに勇ましい主である。 9門よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。栄光の王がはいられる。 10この栄光の王とはだれか。万軍の主、これこそ栄光の王である。[セラ

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *

thirteen − 12 =